バックアップ専用プラグイン【UpdraftPlus】初心者向けに解説

2021年6月7日

プラグインupdraftplusの導入及びバックアップ方法を初心者向けに解説

記事の結論

別途FTPファイルの準備不要!

ワンクリックで、超簡単にバックアップ~復元までできちゃうバックアップ専用プラグイン【UpdraftPlus】

この記事を読んで頂くことで、導入(インストール&有効化)から初期設定およびバックアップ方法まで必要最低限の知識がマルっと手に入ります!

詳細は、当記事の内容バックアップ専用プラグイン【UpdraftPlus】初心者向けに解説でご確認ください。

本文に入る前に・・

まなぶ君
まなぶ君
・・・。

とも蔵
とも蔵
まなぶ君!

登場早々、真っ青な顔してどないしたんや?

まなぶ君
まなぶ君
苦労して作ったブログサイトが突然真っ白になる夢を見て、真っ青になりました・・(汗)

実際は、まだブログの「ブ」の字も書いていないんですが・・

急に不安になりました↓

とも蔵
とも蔵
白やら青やら忙しいなぁ~(笑)

せやけど、気持ちは十分すぎるほど分かるでっ!

その状況を例えるなら、「ある日手塩にかけて作ったイチゴを、どこからともなく飛んできた鳥に食べられてしまう・・」

そんな感じよなっ?

想像しただけでも鳥肌が立ってまうで~(涙)

鳥だけに・・(笑)

まなぶ君
まなぶ君
ちょっと、何言ってるか分かりません・・

とも蔵
とも蔵
・・・。

ま、真面目な話をしよかっ!?(汗)

そんな不安を取り消すために最適なプラグインがあるんや♪

初心者でも簡単にデータのバックアップがサクッと取れてまうプラグイン!

その名も、【UpdraftPlus】や♪

はじめに

こんにちは、とも蔵です。

わたしは、営業マン時代トップセールスを維持するために行動心理学を学び実践に活かしてきました。

行動心理を理解したことで、お相手の生活を「豊かにする」という視点で提案ができるようになり安定したトップ業績を維持。

同時に、コミュニケーション能力も培われ爆速で管理職に就任。

管理職に就いてからは人間哲学やリーダーシップ、マネジメントに関する本を読みあさりアウトプットし続ける毎日を過ごしています。

同時進行で、「新たな挑戦」として始めたブログ運営に関しての学びや、得た知識のアウトプットも本格的に始めました。

あわせて、日々の生活の中で役に立ったモノ(商品や考え方)も「豊かにする」視点でどんどん記事にしてアウトプットしていきます!

今では、わたしの行動に共感する仲間が増え刺激的な日々を過ごしております。

記事の最後に、当記事と併せて読んでほしい「おすすめの本」も紹介しております。

もしよろしければ、是非この機会にレビューだけでも覗いてみてくださいね♪

とも蔵詳細プロフィールはこちら

【自由な人生はココから始まる!まずは無料体験♪】

記事のテーマ

データのバックアップ

読者の皆様(あなた)へ

当記事は、初心者でもWEBサイトをマルっと簡単にバックアップできるプラグイン【UpdraftPlus】の導入(インストール&有効化)方法及び使い方等、最低限必要な知識を紹介しています。

■ WordPress初心者です・・

■ 簡単にデータをバックアップできる方法が知りたい・・

■ UpdraftPlusの使い方を知りたい・・

という状態の方へおすすめです♪

 

UpdraftPlusとは

とも蔵
とも蔵
よっしゃ!

始めるで♪

まずは、UpdraftPlusの理解を深めよっ♪

 

UpdraftPlusの特徴

■ 日本語表記である
・無数にあるプラグインの中には、全てが英語表記であるプラグインも存在します。日常的に英語を使用している人でない限り、やはり日本語表記が最低条件ですよね?

 

■ バックアップのスケジューリング機能がある
・バックアップタイミングやバックアップデータ保持数の指定ができ、自動的にバックアップを取ってくれます。

 

■ WEBサイトをマルっとバックアップできる
・データベース、テーマ、アップロードファイル、プラグイン等を丸ごとバックアップできます。

 

■ 操作が簡単である
・知識が無くても、マウスが使えれば誰でも簡単にバックアップが可能です。

 

■ データの保存先が豊富である
・PCやサーバーの他に、GoogleDriveやDropbox等のクラウドストレージにも保存でき種類も豊富です。

 

■ 処理結果がログに出力される
・バックアップ及び、復元処理結果をログファイルで確認できます。

 

おすすめな人・そうでない人

おすすめな人
・WordPressの使い方に慣れていない
・容量や動作等が安定したレンタルサーバーを使用している
(※エックスサーバーを使用している方はOKです♪)
・復元作業に自信がない

 

そうでない人
・格安サーバーを利用していて容量や動作に不安がある
・運営しているWordPressサイトが巨大
・復元作業に自信がある

 

とも蔵
とも蔵
何となく、雰囲気を理解したら早速導入(インストール&有効化)していくで~!

ほな、記事の手順どおりにポチっていってな♪

作業の流れは、

①導入(インストール&有効化)

②設定(保存先やバックアップタイミング等)

③試しにバックアップしてみる

こんな感じや♪

まなぶ君
まなぶ君
かしこまりました!

気合をいれます!!

 

UpdraftPlus導入(インストール&有効化)方法

導入手順

1.WordPress管理画面より検索

[プラグイン]→[新規追加]

updraftplus検索画面

 

2.インストール&有効化

[今すぐインストール]→[有効化]

updraftplusインストール&有効化画面

 

とも蔵
とも蔵
以上っ!

 

まなぶ君
まなぶ君
へっ・・?

もう完了したのですか!?

なんか、作業が”秒”で終わったので拍子抜けしちゃいました(嬉)

 

UpdraftPlusで最低限設定しておきたい事

とも蔵
とも蔵
そんじゃ、設定を少しいじるで♪

サックっと、バックアップのスケジューリング及び保存先の設定や!

保存先は好みのクラウドストレージでOKやけど、今回は「Googleドライブ」に設定っ♪

 

クラウドストレージとは

「クラウド=雲」「ストレージ=倉庫」とういう名前の構成から想像できる通り、WEB上に存在する倉庫のようなもの。ソフトウェアを導入しなくても、インターネットを通じてWEB上にデータファイルを置いておけるサービス。GoogleドライブやDropbox等がある。

 

バックアップのスケジューリング

WordPress管理画面から[設定]→[updraftplus Backups]

updraftplusインストール後の格納場所画像

 

UpdraftPlus Backups画面の[設定]

バックアップスケジューリング画面

 

Googleドライブを保存先に指定する

画面はそのまま→[Googleドライブ]→[変更を保存]

 

updraftplusをGoogleドライブへん紐つける

 

とも蔵
とも蔵
あっ!

飛ばしちゃったけど、Googleドライブに保存先を選択したさっきの画面から[変更を保存]ボタンまでスクロールしている間に出てくる下の画面設定はとりあえずデフォルトのままで!

 

バックアップデータの選択画面

 

とも蔵
とも蔵
話を戻すで!

[変更を保存]をポチると下の画面が出てくるから、リンク先で指示通り許可設定を行ってや!

そうすると、Googleドライブに保存できるようになるで♪

 

Googleドライブへのアクセス許可申請画面

 

とも蔵
とも蔵
下の画像の様に、成功メッセージが表示されたら無事完了や♪

 

Googleドライブ認証完了画面

 

 

UpdraftPlusバックアップ方法

とも蔵
とも蔵
設定が済んだら、試しにバックアップを取ってみよっ♪

 

バックアップを行う

WordPress管理画面から[設定]→[UpdraftPlus Backups]

updraftplusインストール後の格納場所画像

 

UpdraftPlus Backups画面→[バックアップ/復元]→[今すぐバックアップ]

updraftplus今すぐバックアップ画面

 

チェックを確認し、もう一度[今すぐバックアップ]

updraftplusバックアップデータの選択画面

 

バックアップが開始されます。

updraftplusバックアップ開始画面

 

[バックアップは成功したようで~]のメッセージが出れば完了です。

updraftplusバックアップ完了画面

 

画面を少し下にスクロールし[既存のバックアップ]で、既存バックアップデータが確認できます。

下の画像では、直近3日間のバックアップデータが保存されていることが分かります。

 

updraftplusバックアップデータ確認画面

 

バックアップ時の注意点

・バックアップの保存先は、GoogleドライブやDropbox等の外部ストレージに設定する事。
※WordPressに保存しても場合によっては全く意味がありません・・
・バックアップは、負荷がかかる作業なのであまり頻繁に行わないようにする事。
エックスサーバー等、一部レンタルサーバーでは[自動バックアップ]を行っています。
契約しているレンタルサーバーを確認し、バックアップ頻度を調整しましょう。

 

とも蔵
とも蔵
最後に、Googleドライブにきちんとバックアップデータが格納されとるかも念のため確認してみよなっ!

 

updraftplusデータGoogleドライブ上確認画面

 

まなぶ君
まなぶ君
無事、バックアップデータの確認ができました♪

これで、昨日の夢が正夢になっても安心です♪

とも蔵
とも蔵
そりゃ、良かったで(嬉)

んじゃ、別記事でUpdraftPlusで取ったバックアップデータの復元方法を紹介するから気になったら読んでみてなっ♪

 

UpdraftPlus復元方法の記事やで♪≫

https://imaore.com/updraftplus-restoration/記事へのリンク画像

記事のまとめ

Point

UpdraftPlusは[バックアップ]・[復元]作業が超簡単!

[理由]FTPファイルを別途準備することなく、ワンクリックで作業終了!

 

UpdraftPlusの特徴

■ 日本語表記である
■ バックアップのスケジューリング機能がある
■ WEBサイトをマルっとバックアップできる
■ 操作が簡単である
■ データの保存先が豊富である
■ 処理結果がログに出力される

 

おすすめな人・そうでない人

おすすめな人
・WordPressの使い方に慣れていない
・容量や動作等が安定したレンタルサーバーを使用している
(※エックスサーバーを使用している方はOKです♪)
・復元作業に自信がない

 

そうでない人
・格安サーバーを利用していて容量や動作に不安がある
・運営しているWordPressサイトが巨大
・復元作業に自信がある

 

バックアップ時の注意点

・バックアップの保存先は、GoogledriveやDropbox等の外部ストレージに設定する事。
※WordPressに保存しても場合によっては全く意味がありません・・
・バックアップは、負荷がかかる作業なのであまり頻繁に行わないようにする事。
エックスサーバー等、一部レンタルサーバーでは[自動バックアップ]を行っています。
契約しているレンタルサーバーを確認し、バックアップ頻度を調整しましょう。

 

この記事と併せて読んで頂きたい「おすすめの本」♪

 


最後までお読みいただきありがとうございました。

 

⇩「ブログ村」参加しています!応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです(^^♪⇩