簡単SEO対策!Google XML SitemapsでGooglebot巡回申請

2021年5月23日

簡単!Google XML SitemapsでGooglebot巡回申請

記事の結論

■[Google XML Sitemaps]とは何?
■ クローラー巡回申請とは何?
■ 検索エンジンに表示させるにはどうしたら?

など初心者の抱く悩みがマルっと解消できます♪

 

詳細は、当記事の内容《簡単SEO対策!Google XML SitemapsでGooglebot巡回申請でご確認ください。

本文に入る前に・・

まなぶ君
まなぶ君
あの・・・。

わたしのブログ記事は、いつになったらGoogle検索で見つける事ができるのでしょうか?

直接記事のタイトルで検索しても見つけられないのですが・・(涙)

とも蔵
とも蔵
分かるでその気持ち・・。

まなぶ君のサイトは、クローラーへの巡回申請は済んでるんやっけか??

まなぶ君
まなぶ君
えっ・・?

まぁ、バタフライよりもクロールの方が得意ですが、なにぶん宇宙人ですのでそのような技術は生きていく上では不要です。

とも蔵さん!

わたしは真剣に悩んでるのです!(怒)

水泳の話なんか後でいいではないですか!?

とも蔵
とも蔵
いやいやっ(汗)

クロールやなくてクローラーやっ!

検索データーベースに登録してくれるロボットみたいなヤツがおるねんな(笑)

そヤツが、検索順位の肝やねん!

はじめ

こんにちは、とも蔵です。

わたしは、営業マン時代トップセールスを維持するために行動心理学を学び実践に活かしてきました。

行動心理を理解したことで、お相手の生活を「豊かにする」という視点で提案ができるようになり安定したトップ業績を維持。

同時に、コミュニケーション能力も培われ爆速で管理職に就任。

管理職に就いてからは人間哲学やリーダーシップ、マネジメントに関する本を読みあさりアウトプットし続ける毎日を過ごしています。

同時進行で、「新たな挑戦」として始めたブログ運営に関しての学びや、得た知識のアウトプットも本格的に始めました。

あわせて、日々の生活の中で役に立ったモノ(商品や考え方)も「豊かにする」視点でどんどん記事にしてアウトプットしていきます!

今では、わたしの行動に共感する仲間が増え刺激的な日々を過ごしております。

記事の最後に、当記事と併せて読んでほしい「おすすめの本」も紹介しております。

もしよろしければ、是非この機会にレビューだけでも覗いてみてくださいね♪

とも蔵詳細プロフィールはこちら

 

【自由な人生はココから始まる!まずは無料体験♪】

読者の皆様(あなた)へ

Webサイトは、その情報が検索データベースに登録されて初めて検索エンジンに表示されるようになります。

※検索データベースに登録された情報を「インデックス」と呼びます。

検索データベースに登録される為には、クローラーに表示したいWebサイトの情報を見つけてもらう必要があります。

クローラーとは、インターネット上に存在するあらゆるコンテンツを探しまわり収集し、そのコンテンツを検索データーベースに登録するロボットのことです。

クローラーは、各種検索エンジンごとに存在しています。

【代表的な検索エンジンとクローラー】

検索エンジン クローラー
Google Googlebot
Bing Bingbot
Yahoo ※Yahoo Slurp

※日本では、Google検索エンジンを利用しているため存在しません。

クローラーは常にインターネット上を巡回しているので、何もしなくてもあなたのWebサイトを見つけ検索データーベースへ登録してくれる事でしょう。

ただし、インターネット上には日々膨大な情報がアップされています。

よって、クローラーがあなたのWebサイトを見つけるまでにかなりの時間を要する可能性があります。

出来る事なら、1秒でも早く検索エンジンに表示してもらいたいですよね?

であれば、早くクローラーに巡回してもらう為のMust作業が2つあります。

この記事では、いくつかあるクローラーのうち※「Googlebot」を対象とした申請方法を分かりやすく紹介します。

※国内検索エンジンは、Google・Yahooで9割以上を占めておりYahooも国内ではGoogle検索エンジンを採用しているため「Googlebot」のみを対象としても問題ないと判断しました。

■ Google検索で投稿記事が表示されない・・

■ 多くの人に記事を読んでもらう方法を探している・・

という状態の方へおすすめです♪

Googlebotへの巡回申請方法

申請作業の大枠

作業その1
「Google XML Sitemaps」を導入すべし

 

作業その2
「Google Seach Console」にサイトマップを追加すべし

 

Google XML Sitemapsとは

≪導入手順まで読み飛ばす≫

Google XML Sitemaps

【特徴】
■ 記事公開・更新時にサイトマップを自動生成し、検索エンジンへ通知してくれるプラグイン
【言語表記】
■ 日本語対応
【機能】
■ XML形式のサイトマップを自動生成する
■ 除外したいカテゴリーや個別記事を指定できる
■ ページ毎に巡回頻度の優先順位を指定できる

 

プラグイン導入前の注意事項

導入前の注意事項

確認その1

■ 使用テーマとの相性を確認すべし

※[使用テーマ名 Google XML Sitemaps 相性]のキーワードで検索するとほぼ確認が取れます。

 

確認その2

■ バックアップを取っておくべし

※新しいプラグインをインストールするとごく稀に不具合が生じる可能性がある為

Google XML Sitemaps導入手順

まなぶ君
まなぶ君
注意事項を確認いたしました!

では、早速「作業その1」です!

 

Google XML Sitemaps導入手順

WordPress管理画面≫サイドバー≫プラグイン≫新規追加

SiteGuard WP Plugin新規追加までの流れ画像

 

画面右上の[キーワード]欄に「Google XML Sitemaps」と入力≫[今すぐインストール]≫[有効化]

Google XML Sitemaps導入手順画面

 

Google XML Sitemapsの各種設定

まなぶ君
まなぶ君
導入完了しました♪

いつもの様に、おススメの設定を教えてください!

とも蔵
とも蔵
よっしゃ!

いつもの様に・・やな(笑)

 

Google XML Sitemapsおススメの設定

管理画面の[設定]≫[XML‐Sitemap]

 Google XML Sitemaps各種設定場所

 

とも蔵
とも蔵
ここで、7種類の設定ができるで♪

上から順に、おススメ設定を紹介するで~!

あくまでも、サイト運営目的や更新頻度によって変わるから参考程度に見たってや♪

 

■ 基本的な設定
■ Additional Pages
■ 投稿の優先順位
■ Sitemap コンテンツ
■ Excluded Items
■ Change Frequencies
■ 優先順位の設定(priority)

 

■ 基本的な設定

サイトマップを自動生成するには、多くのメモリが必要となります。

コンテンツ数が多くなると、メモリによるエラーが発生する場合があるのでココで制御します。

多分、デフォルトでこの状態だと思います。

Google XML Sitemaps基本的な設定

 

■ Additional Pages

ここでは、サイトマップに手動で新しいURL追加できます。

特になければ、スルーしましょう。

Google XML Sitemaps Additional Pages設定

 

■ 投稿の優先順位

この後に優先順位を手動で設定していくので、一番上の[優先順位を自動的に計算しない]にチェックです。

Google XML Sitemaps 投稿の優先順位設定

 

■ Sitemap コンテンツ

クローラーに認識させたいコンテンツを指定します。

Google XML Sitemaps サイトマップコンテンツ設定

 

■ Excluded Items

クローラーに認識されたくないページを指定します。

Google XML Sitemaps Excluded Items設定

 

■ Change Frequencies

設定した更新頻度に応じてクローラーに重要なページであるというヒントを伝えます。

自サイトの更新タイミングに近い設定にしましょう。

Google XML Sitemaps Change Frequencies設定

 

■ 優先順位の設定(priority)

クローラー巡回優先順位を設定します。

ブログ運営している場合は、個別記事の投稿が多いと思うのでここは[1.0]の設定にしましょう。

Google XML Sitemaps 優先順位の設定(priority)設定

 

Google Seach Consoleへサイトマップを追加する

とも蔵
とも蔵
設定が済んだら「作業その2」に入るで!

「Google Seach Console」にWebサイトを追加するんや♪

通称「サチコ」や!

まなぶ君
まなぶ君
さち子・・・。
とも蔵
とも蔵
お~!

さち子さん、お久しぶりや!

元気しとったか??

・・・って

「さちこ」違いや!!

やらせんなっ!!(笑)

んじゃ、気を取り直して手順を紹介してくで~♪

 

Google Seach Consoleにサイトマップを追加

[ログイン]≫下画像通りに作業

Google Seach Consoleへ追加作業画面

 

①サイトメニューの[サイトマップ]をクリック
②[新しいサイトマップの追加]へURLを入力
③[送信]をクリック
④[成功しました]となれば完了

 

まなぶ君
まなぶ君
これで、Googlebotさんへの巡回申請が完了したのですね♪

楽しみです♪

とも蔵
とも蔵
せや!

ただ、この作業は基本中の基本やから、検索順位を上げていくにはブログの更新頻度や内容の質を上げていく必要があるで~!

ここからがスタートや♪

 

記事のまとめ

Point

検索エンジンへ認識させる為には

クローラーに表示したいWebサイトの情報を登録してもらう必要がある。

クローラーとは、インターネット上に存在するあらゆるコンテンツを探しまわり収集し、そのコンテンツを検索エンジンに登録するロボットのこと。

【代表的な検索エンジンとクローラー】

検索エンジン クローラー
Google Googlebot
Bing Bingbot
Yahoo ※Yahoo Slurp

※日本では、Google検索エンジンを利用しているため存在しません。

 


クローラー巡回申請作業

「Google XML Sitemaps」を導入すべし
「Google Seach Console」にサイトマップを追加すべし

 


Google XML Sitemaps

【特徴】
■ 記事公開・更新時にサイトマップを自動生成し、検索エンジンへ通知してくれるプラグイン
【言語表記】
■ 日本語対応
【機能】
■ XML形式のサイトマップを自動生成する
■ 除外したいカテゴリーや個別記事を指定できる
■ ページ毎に巡回頻度の優先順位を指定できる

 


導入前の注意事項

確認その1

■ 使用テーマとの相性を確認すべし

確認その2

■ バックアップを取っておくべし

 

この記事と併せて読んで頂きたい「おすすめの本」♪


最後までお読みいただきありがとうございました。

当ブログは「ブログ村」に参加しております。

⇩この記事を「いいね♪」を思って頂けたら応援クリックお願い致します。⇩

 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 

⇩「ブログ村」参加しています!応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです(^^♪⇩