【誰でも実現可能!】充実した毎日に必要な事は1つだけ

2021年5月23日

記事の結論

たった1つの考え方で、充実した人生が手に入ります!

詳細は、当記事の内容(【誰でも実現可能!】充実した毎日に必要な事は1つだけ)でご確認ください。

本文に入る前に・・

まなぶ君
まなぶ君
なんか毎日同じ事の繰り返しで刺激がないな~↓

つまらないな~・・

とも蔵
とも蔵
おっ、まなぶ君やないか♪

なにを壁に向かってブツブツ言っとるんや?

まなぶ君
まなぶ君
あっ、とも蔵さん!

ちょうど良かったです~
とも蔵さんはいつも楽しそうですけど、なにか方法とかあるんですか?

とも蔵
とも蔵
楽しく過ごす方法・・・

あるにきまっとるやろ~!!
正確にいえば充実させるための考え方やけどな!

まなぶ君
まなぶ君
ほんとですか!?

ぜひ教えてください!!

とも蔵
とも蔵
ええで!

キーワードは

”※有意識やで!

※有意識とは、無意識の対義語です。

 

はじめに

こんにちは、とも蔵です。

わたしは、営業マン時代トップセールスを維持するために行動心理学を学び実践に活かしてきました。

行動心理を理解したことで、お相手の生活を「豊かにする」という視点で提案ができるようになり安定したトップ業績を維持。

同時に、コミュニケーション能力も培われ爆速で管理職に就任。

管理職に就いてからは人間哲学やリーダーシップ、マネジメントに関する本を読みあさりアウトプットし続ける毎日を過ごしています。

同時進行で、「新たな挑戦」として始めたブログ運営に関しての学びや、得た知識のアウトプットも本格的に始めました。

あわせて、日々の生活の中で役に立ったモノ(商品や考え方)も「豊かにする」視点でどんどん記事にしてアウトプットしていきます!

今では、わたしの行動に共感する仲間が増え刺激的な日々を過ごしております。

記事の最後に、当記事と併せて読んでほしい「おすすめの本」も紹介しております。

もしよろしければ、是非この機会にレビューだけでも覗いてみてくださいね♪

とも蔵詳細プロフィールはこちら

【自由な人生はココから始まる!まずは無料体験♪】

読者の皆様(あなた)へ

当記事は、「つまらない=こころが満たされていない状態」という視点から書いています。

「楽しさ」という感情のみを満たす内容ではありません。

「悔しさ」「うれしさ」など様々な感情に対しても視座を変えて受け止め成長の糧とします。

成長を実感することで充実感を感じ、心が満たされる状態が創り出されます。

ただ、自身の成長に”あなた”が気づいてあげなければ充実感を感じることはないでしょう。

当記事では、常に充実感を感じ続けるために必要な考え方を書いています。

毎日がつまらない・・

何をするにも、やる気がでない・・

という状態の方へおすすめです♪

この記事があなたの人生において少しでもお役に立てれば幸いです。

 

充実した毎日に必要な「たった1つ」の考え方

それは、毎日自分が成長しているということを意識して実感することです。

言い換えれば、「積極的に成長した状態を受け入れる」ということです。

人間は”当たり前”になると、そのモノやコトに価値を感じにくくなる

人間は当たり前のように一定の年齢までは成長します。

当たり前になると、そこに価値を感じにくくなるものです。

価値を感じないものに対しては、気づきづらくなるのも事実です。

気づかないモノやコトは、存在しないに等しくなります。

存在しなければ気づきませんよね?

ではどうすればいいか?

存在するという前提でモノやコトを積極的に探すことです。

それが、意識する」ということです

人間は常に不自由な状態から脱し、自由な状態を求める「優越性の欲求」を持っています。

不自由な状態から脱する為に自由な状態へ変化していく過程が成長です。

つまり、成長したくない(成長しない)人間は存在しないのです。

 

成長する」という事は
できることが増える」という事であり
過去と比べ自由な状態になる」という事です。

成長することで得た自由により、満足感が生まれます。

また、成長しているという実感が充実感につながります。

つまり、成長していることを意識して感じている間は充実感を感じることができるのです。

ただし、成長し続けるために必要なものがあります。

それは、目的です。

目的は成長するための行動や思考を助長します。

ただし、目的を誤ってしまうと逆効果となりますので要注意です。

そこで、私なりに考えた「正しく成長し続けるための考え方」をご紹介します。

※もちろん現在進行形で実践しております。

 

意識して成長するための仕組みは3段階

第1段階:行動にはすべて目的があるということを知る

まず、以下の一文を読んでください。

人間は目的によって動かされる存在である

これは、アドラー心理学の一文です。

つまり、人間の行動は常に目的があるということです。

それでは、あなたへ質問です。

「この記事を読む目的はなんですか?」

 

~読者の方の中にはこんな方もいらっしゃると思います~

「たまたま目にとまったから読んだだけで目的はない・・」そんな方も実は目的があります。

 

→暇な時間を潰す(目的)ために5分だけ読んでみるか・・

→タイトルが何となく気になったからそれを解消する(目的)ために、全文に目を通してみるか・・など

 

また、日常生活のちょっとした行動にも目的はあります。

 

「道に落ちているゴミを拾う」

 

→清潔な環境を保つ(目的)ために、今すぐそのゴミを拾う。

 

という感じですね♪

 

このように、意識しないとその行動に目的があることに気づかないのも事実です。

充実感は目的を達成したときにも生まれます。

今日1日のあなたの行動を振り返ってみてください。

もし、あなたが行動した目的を意識して過ごしていたら・・。

この意識だけで、ずいぶん充実した人生を送れると思いませんか?

 

第2段階:目的の入り口は2種類あることを理解する

目的の入り口には「want(したい事)」「must(しなければならないこと)」に分かれます。

また、入り口が違うことで成長という視点からは大きな差が出ることを知っておいてください。

 

「want」例

◎清潔な環境を保ちたい⇒ゴミを捨てる、掃除機をかける、食器を洗う等
◎着る服を確保したい⇒服を洗濯する、服を買いに行く、クリーニングに出す等
◎安定した収入を得たい⇒就職する、不動産を持つ、副業をする等

※特徴:思考増幅(行動の選択肢多数)

 

「must」例

◎ゴミを捨てなければならない⇒ゴミを捨てる 
◎服を洗濯しなければならない⇒服を洗濯する 
◎就職しなければならない⇒就職する 

※特徴:思考停止(行動の選択肢なし)

 

2つの入り口を比較したとき、どちらの入り口から入ったほうが良さそうですかね?

答える必要はなさそうですね。

第3段階:自分の脳をだます

そんなことできるの?

できます!

正確には、脳をコントロールします。

今のわたしがあるのもこのスキルを身につけたからです。

人間の脳は、無限の可能性を秘めている反面、案外単純です。

言葉というツールを駆使して脳はコントロールできます。

正式にはマインドコントロールといいます。

この知識は、成長し続けるために非常に重要です。

具体的には、どのようにコントロールするのか?

人間が成長するときに必ずと言っていいほど生まれる感情があります。

それは、違和感です。

成長した先の理想と成長途中のギャップから生まれる感情です。

人間は長い歴史の中で、「種の存続」のために未知に対して避ける心理が働きます。

違和感も未知に対して生まれる感情の一種です。

当然本能的には避けようという心理が働きます。

この違和感に対し、脳をコントロールするのです。

具体的には、違和感を感じた瞬間に「未知を知る前ぶれである」と捉えるのです。

未知を知るということは知識が増えるということであり、成長するという事です。

つまり違和感を喜んで受け入れるように自分の脳をだますのです。

 

~では、今のわたしの状態で説明してみます~

【理想】思いどおりのブログサイトの構成や記事が書けるようになりたい

【現状】思うような構成にならないし、記事もうまく書けない

【心の状態】モヤモヤしてる=違和感を感じている

【心の声】俺には無理かも・・

 

ここで・・

■違和感をよろ昆布モード発動!■

 

いや、ちょっと待てとも蔵!

 

最初から比べたらいろいろなことが出来るようになっているではないか!?

 

プロフィールも書けたし、今は投稿までしようとしているではないか!?

 

決して理想な状態ではないし、心地いい状態でもない・・

 

が、しかし確実に成長している!

 

この状態を喜んで受け入れようではないか!

      

すでに、この考え方に違和感を感じてますよね?

いいですね!

喜びましょう!!

 

記事のまとめ

Point

■充実した毎日に必要な「たった1つ」の考え方

毎日自分が成長しているということを意識して実感すること

 

■成長を意識できるようになる仕組みは3段階

STEP1:行動にはすべて目的がある事を理解する

STEP2:目的の入り口は2種類ある事を理解する

STEP3:自分の脳をだます

 

この記事と併せて読んで頂きたい「おすすめの本」♪



最後までお読みいただきありがとうございました。

当ブログは「ブログ村」に参加しております。

⇩この記事を「いいね♪」を思って頂けたら応援クリックお願い致します。⇩

 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

⇩「ブログ村」参加しています!応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです(^^♪⇩