【管理職の悩み解消】最強のマネジメント”エモ活”

2021年6月2日

記事の結論

エモ活を実施すれば、管理職が抱える悩みの8割が解消できます!

詳細は、当記事の内容管理職の悩み解消】最強のマネジメント”エモ活”≫でご確認ください。

本文に入る前に・・

まなぶ君
まなぶ君
とも蔵さん聞いてください!

とも蔵
とも蔵
お~まなぶ君!

えらくご機嫌やないか~(笑)

どしたどした?(笑)

まなぶ君
まなぶ君
実は、わたくし出世いたしまして現在4人のメンバーを見る係長になったんです!!

とも蔵
とも蔵
そりゃぁ~めでたいことやな~↑

日頃の成果が認められたんやな!?

まなぶ君
まなぶ君
だたですね・・

メンバーの中に年上の方もいらっしゃって、なかなか言うことを聞いてくれないのです↓

人をまとめる立場って難しいです↓

やっていけるか不安しかないです・・

チームマネジメントって何が正解なのでしょうか?

とも蔵
とも蔵
不安を感じているなら行動すればいいんや!

行動すれば悩みは解消されるもんやで~(笑)

よしっ!ワシとまなぶ君との仲や!

誰でもできる最強マネジメントを教えたる!

それは、エモ活や!!

 

はじめに

こんにちは、とも蔵です。

わたしは、営業マン時代トップセールスを維持するために行動心理学を学び実践に活かしてきました。

行動心理を理解したことで、お相手の生活を「豊かにする」という視点で提案ができるようになり安定したトップ業績を維持。

同時に、コミュニケーション能力も培われ爆速で管理職に就任。

管理職に就いてからは人間哲学やリーダーシップ、マネジメントに関する本を読みあさりアウトプットし続ける毎日を過ごしています。

同時進行で、「新たな挑戦」として始めたブログ運営に関しての学びや、得た知識のアウトプットも本格的に始めました。

あわせて、日々の生活の中で役に立ったモノ(商品や考え方)も「豊かにする」視点でどんどん記事にしてアウトプットしていきます!

今では、わたしの行動に共感する仲間が増え刺激的な日々を過ごしております。

記事の最後に、当記事と併せて読んでほしい「おすすめの本」も紹介しております。

もしよろしければ、是非この機会にレビューだけでも覗いてみてくださいね♪

とも蔵詳細プロフィールはこちら

【自由な人生はココから始まる!まずは無料体験♪】

 

読者の皆様(あなた)へ

人材育成においての悩みは、尽きることが無いでしょう。

ただし、「エモ活」を実践すれば8割の悩みが解決します!

■ 人材育成について悩んでいる・・

■ 職場に人が定着しなくて困っている・・

そんな状態の方へおすすめです♪

今回は、あなたが管理職の方であるという前提で書いております。

わたし自身も、現在サブマネージャーという立場におり組織をうまく機能させる為の学びを続けております。

そんなわたしが、今まで学び続けて習得した知識や実践経験から「健康な組織運営」について1つの結論にたどり着きました。

その結論とは、組織とは”人”であるということです。

そこでわたしは、「健康な組織運営」を実現させるためにある活動を始めました。

それが、最強マネジメントの

エモ活

です

”エモ活”は「健康な組織運営」を成功させるために必要な土台となり、誰でもすぐに実践できる内容となっております。

ただし、即効性はありません。

そのため、強い意志をもって継続していく必要があります。

そのかわり、継続することで必ず良い変化が生まれますので一緒に頑張りましょう!!

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

最強のマネジメント”エモ活”の考え方

心の状態をプラスにすれば、現実でもプラスの出来事が起きる

 

管理職は、職場で働く人の”をプラスにするために出勤する

 

職場で働く人の”心”をプラスにする理由

「心で起きている現象と現実で起きている現象は一致する」

わたしが読んだ心理学の本の一節です。

つまり、組織で働く人の心の状態をプラスにすれば組織全体にもプラスの現象が起きるというロジックです。

実際に、仕事の生産性は社員の行動量や行動の質により大きく左右されます。

行動量や行動の質は、その人の心(気持ち)によって大きく左右されます。

つまり、社員の心(気持ち)を無視したマネジメントに企業の成長はないということです。

 

エモ活

エモ活とは

組織で働くすべての人の心に作用すること(エモーショナル)で、働くすべての人が「この職場に来ること」や「この職場で働くこと」価値を感じる環境を創る活動のことです。

 

エモ活の目的

自主的・主体的に働く集団を形成すること

 

エモ活の具体的4つの行動

■元気な挨拶をする

■感謝の気持ちを言葉にする

■笑顔・笑声で接する

■承認する

 

エモ活により、目的は達成される

組織という言葉をWikipediaで調べると

「共通の目的を有し、目的達成するために協働を行う”何らかの手段”によって統制された複数の人々の行為やコミュニケーションによって構成されるシステム」とあります。

持論ですが、ここでいう何らかの手段とは「価値の提供」であると考えます。

一言で価値といっても個の価値観は人それぞれであり、共通する価値観も時代とともに変化しています。

戦後は食べ物に価値を感じ、高度成長時代はお金でした。

ではある程度、食べ物やお金に満たされている現代人は何に価値を感じるのでしょうか?

それは、「心が満たされる出来事や環境」です。

正確に言えば、モノに価値が無くなったのではなくモノだけでは価値を感じづらい時代に変わったとも言えます。

事実、消費行動も商品の性能だけでは売れづらい時代になっています。

モノ消費の時代からコト消費の時代への変化です。

価値とは、不足すれば高くなり余れば低くなります。

そのことを踏まえ、組織として時代に合った価値をその人に提供しなければ組織に留まる理由はありません。

では、具体的に組織において提供できる価値にはどのようなものがあるのか?

それは3つです(現代社会に圧倒的に不足している要素です)。

■ 元気 

■ 感動

つながり

この価値観は、ビジネスの世界でも通用します。

そのことを証明している代表的なテーマパークがあります。

それは「ディズニーリゾート」です。

今や、日本だけでなく世界中から訪れるテーマパークとなっております。

 

夢の世界にお金の話を持ち込むと怒られそうですが、実際のところ4人家族で考えると・・

(入場料7400円(2020年時点)+その他交通費やパーク内での飲食・お土産代等・・)× 4人分の料金・・

金額だけでみると決して安くないですよね(笑)

ただ、それ以上の価値を「ディズニーリゾート」は提供し続けているからこそ現在も不動の人気を誇っているわけです。

「モノより思い出」

このフレーズ考えた人、天才です・・・(笑)

 

少し話が逸れましたが、要するに価値を感じればどんな困難な状況であってもその状況を打破するために、主体的あるいは自主的行動が生まれるということが言いたいのです。

では、エモ活の具体的4つの行動に先ほどの3つの価値を照らし合わせてみます。

■元気な挨拶をする=元気

■感謝の気持ちを言葉にする=感動

■笑顔・笑声で接する=つながり

■承認する=つながり

どうでしょう?

つまり、この具体的4つの行動を”心の報酬”として組織で働くすべての人が提供し合うことで組織全体に価値を感じ、「組織を存続・発展させるためにはどのように行動したらいいか?」という主体性・自主性が生まれやすい環境になるということです。

 

記事のまとめ

Point

■ 最強のマネジメント”エモ活”とは

 

組織で働くすべての人の心に作用すること(エモーショナル)で、働くすべての人が「この職場に来ること」や「この職場で働くこと」に価値を感じる環境を創る活動

 

■ 組織全体を主体的・自主的集団として築き上げるために必要な4つの行動とは

 

■元気な挨拶をする=元気

■感謝の気持ちを言葉にする=感動

■笑顔・笑声で接する=つながり

■承認する=つながり

 

冒頭でもお伝えしたとおり、”エモ活”に即効性はありません。

あなたが、どれだけ本気でチームあるいは組織メンバーのことを考えているかが試されます。

ぜひ、まずは実践そして継続あるのみです。

 

あなたなら、必ずできます。

 

この記事と併せて読んで頂きたい「おすすめの本」♪



最後までお読みいただきありがとうございました。

当ブログは「ブログ村」に参加してます。

⇩この記事を「いいね♪」を思って頂けたら応援クリックお願い致します。⇩

 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 

⇩「ブログ村」参加しています!応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです(^^♪⇩